伊丹市立伊丹小学校
 

校長の挨拶

 

 

ごあいさつ

 

今年度より大橋 雅代前校長の後を引き続き、第45代校長に就任いたしました森田邦彦です。歴史と伝統のある伊丹小学校の土を踏み、使命感がこみ上げてきたと同時に気の引き締まる思いでいっぱいです。

本校は、今年度で創立147年を迎える歴史と伝統のある学校です。地域の皆様や保護者の皆様、各関係機関の皆様に深いご理解と温かいご支援をいただき育ってまいりました。私たち教職員は、この歴史と伝統を受け継ぐとともに、様々な課題に真摯に取り組み、自己研鑽に励む挑戦し続ける教職員集団でありたいと願っています。

  さて、学校教育目標を「徳・知・体の調和のとれた心豊かなたくましい子の育成」とし、目指す子ども像を「よい子 強い子 伊丹の子」としました。

そこで、次代を担う子どもたちに社会を生き抜く力をつけるため、私たち教職員は、児童に寄り添いながら、ベクトルを合わせ、熱意を持って「子どもたちの夢の実現」に向けて学校経営に取り組んで参ります。

  また、本校でも「コミュニティスクール」がスタートしています。地域の教育力は、伊丹小学校地区コミュニティの財産です。子どもたちが「明日も行きたい」と思える学校、保護者や地域の皆様から信頼され、「誇り」と「愛着」を持っていただける学校となるよう、学校・家庭・地域が連携を深め、総掛かりで子どもたちを育てて参ります。

 今年度も、学校の様々な様子をホームページにて発信して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成31年4月3日

伊丹市立伊丹小学校

校長 森田 邦彦